googled1ca860d5cda8f19.html

映画【海賊とよばれた男】綾瀬はるかは岡田准一の妻ユキ役!見どころは?

2016年12月10日に、全国公開される映画『海賊とよばれた男』のキャストは、俳優さん(男性)が多いですが、その中で唯一綺麗な女優さんとして注目を浴びている綾瀬はるかさん!

その、綾瀬はるかさんが演じるのは、岡田准一さんの妻役なんですよね~!

綾瀬はるかさんと岡田准一さんの夫婦役も見どころです。。。

 

Sponsored Link

 

映画【海賊とよばれた男】に綾瀬はるか出演!

 

映画海賊とよばれた男に綾瀬はるか出演

画像引用元:http://eiga.com/news/20151128/12/

 

海賊とよばれた男』に出演するキャストは、ほとんど俳優さんばかりですね~。

その中で、人気女優の綾瀬はるかさんが出演されるというのも、話題の1つです。

 

岡田准一さん演じる『国岡鐡造』が石油の一大企業を成し遂げるというお話ですから、この『海賊とよばれた男』は海賊の話じゃなく、主人公の経営する会社についての物語といった感じですね。。。

 

仕事のお話ですから、それに関わる人物はそりゃ男性が多くなるって事でしょうね。

俳優さん達も、やっぱ綺麗な女優さんが加わるとテンション上がるんでしょうか??

 

この映画『海賊とよばれた男』の山崎貴監督も

「男ばかりなので、綾瀬さんが来た時のはしゃぎ具合がすごい!」

とコメントされていましたね。

 

『この俳優さん達、綾瀬はるかさんがいる時は、テンション上がってたんや・・・』

なんて思いながら映画観ると、また違った印象になるのかも・・・・^^;

 

Sponsored Link

 

綾瀬はるかは岡田准一の妻、ユキ役!

 

綾瀬はるかは岡田准一の妻ユキ役

画像引用元:http://www.crank-in.net/movie/news/41968

 

さて、そのテンション上げ女優の綾瀬はるかさんは、岡田准一さんの妻『国岡ユキ』という役ですね。

 

この映画『海賊とよばれた男』は、百田尚樹さんの原作で、小説が第10回本屋大賞を受賞したベストセラーですし、ヒロインは綾瀬はるかさんとくりゃ、映画も話題になりますわ、そりゃ!

 

主役の岡田准一さんは、同じく百田尚樹さんの小説が原作だった映画、『永遠の0』でも主役として出演されていますし、監督も今回と同じ、山崎貴さんなんですよね。

 

永遠の0』では、岡田准一さんの妻役で井上真央さんが出演されていました。

井上真央さんが演じた役は、夫の帰りを待つ芯の強い妻を演じられていましたが、その演技力も結構話題になっていました。

 

どちらの映画も、戦時中という時代が描かれていて、夫を支える妻を演じるという事ですが、今回の綾瀬はるかさんの妻役はどんな雰囲気の女性を表現するんでしょうね~!

 

岡田准一さんと綾瀬はるかさんの夫婦かぁ・・・

なんか、イメージ涌かないから余計に映画を見てみたいなぁって感じです!

 

映画【海賊とよばれた男】キャスト一覧

 

映画【海賊とよばれた男】綾瀬はるか、演技の見どころは?

 

映画海賊とよばれた男綾瀬はるか演技の見どころは

画像引用元:http://music-book.jp/video/news/news/115925

 

映画『海賊とよばれた男』の出演者は豪華な俳優さんが勢揃い!

主役級の俳優さんばかりというところも話題です。

 

小林薫

ピエール瀧

吉岡秀隆

野間口徹

鈴木亮平

染谷将太

 

といった方々の役どころは、主演の岡田准一さん演じる『国岡鐡造』と、国岡商店を若い頃から支えてきた店員の役。

なので綾瀬はるかさん以外は全員、『国岡商店』の店員役なんですよね~。

だから、綾瀬はるかさんの『妻』という役どころが重要になってくるんだろうなぁと思います。

 

国岡鐡造を愛していながら、結局別れてしまうといった妻の役ですから、映画ではどんな仕上がりになるのか見てみないと解らないですけどね。

 

山崎監督は、

「この素晴らしいキャストを紹介できて嬉しい。直近3作品の主演がそろっていて、いわば“山崎組アベンジャーズ”。映画にするのには難しい話なので、皆に無理を言って集まってもらった。心強いです」

とコメントされています。

原作の小説がベストセラーだし、キャストもすごいっ!

映画『海賊とよばれた男』は、そりゃ話題の映画になりますね~!

 

詳しいあらすじに関してはこちらの記事をどうぞ!  ↓

小説【海賊とよばれた男】上巻のあらすじ(ネタバレ)!

小説【海賊とよばれた男】下巻のあらすじ(ネタバレ)!

sponsored link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ