googled1ca860d5cda8f19.html

黒木華は映画【海賊とよばれた男】で謎の役?演技の評価や過去作品は?

2017年12月10日公開の映画『海賊とよばれた男』に黒木華さんが出演されますね!

黒木華さんが演じるのは、小川初美という役です。

どうやら映画の後半で出てくる様ですね。。。どんな人物なんでしょうか・・・?

それと、黒木華さんの過去の作品から見る演技の評価なんかも調べてみました~!

 

Sponsored Link

 

黒木華映画『海賊とよばれた男』で謎の役?

 

黒木華『海賊とよばれた男』で謎の役

画像引用元:https://theater.favclip.com/article/detail/5141822221320192

 

2016年12月10日公開の映画『海賊とよばれた男』に黒木華さんが出演されます。

私は小説を読んだんですが、黒木華さんの役がよく解らなくて『謎の役?』と言わせて頂いたてます。。。ハイ。。

 

黒木華さんが演じる役は『小川初美』という人物だそうで。。。

どうやら、主人公の国岡鐡造(岡田准一)が年老いてから、出会う人物の様ですね。

 

という事は、最後の方で出てくる謎の人物じゃありませんかっ!(謎じゃないか。。。)

小説では、国岡鐡造の前妻(映画では綾瀬はるかさん)の大甥(おおおい)が、国岡鐡造に手紙を送ってくる。という場面があります。

 

その人物の名前は『小川達雄』というんですよね。

なので、黒木華さん演じる『小川初美』は、役柄としては『小川達雄』の役なんでしょうか??

 

小川達雄は、前妻のユキが亡くなって遺品を整理していたら国岡鐡造が前夫だったという事が解り、手紙を送ってくるんですよね。

(財産分けろ!とかじゃないですよ!)

 

国岡鐡造を慕っていた。という内容が書かれているんです。

それを読んだ国岡鐡造が涙を流す。。。という場面があるんですが、その役を黒木華さんが演じるのかもしれません。。。

 

また、映画を観てから追記したいと思いますが。。。(^o^)

とにかく、映画を楽しみにしたいと思いま~す!

 

小説【海賊とよばれた男】上巻のあらすじ(ネタバレ)!

小説【海賊とよばれた男】下巻のあらすじ(ネタバレ)!

 

黒木華は本名?

 

黒木華は本名?

画像引用元:http://www.oricon.co.jp/news/2048520/full/

 

黒木華さんですが、(くろきはな)と読んでしまいますが、(くろきはる)なんですよね。

華って、(か・はな)しか知りませんでしたが、『はる』とも読むそうですね。

 

この『黒木華』は、本名だそうです。

黒木華さんは、大阪府出身で『追手門学院高等学校』に通われていたんですが、そこでは演劇部に所属していて1年生の頃から主役を務めていたそうですよ!

 

演技が評価されている女優さんですからね~。

高校生の頃から演技力もあったんでしょうし、女優になる事を決めていたのかも。。。

 

大学も『京都造形芸術大学・芸術学部映画学科俳優コース』に進学されていますから、この頃はすでに将来の道は決めていた。って感じでしょうね。

 

原宿でスカウト。

なんていうタイプじゃなく、実力派女優って感じですからね。

 

大学在学中には、野田秀樹さんの演劇ワークショップに参加して『ザ・キャラクター』にアンサンブルとして出演されるなどして、数々の舞台を経験された様です。

 

モデルから女優になりました。や、アイドルから女優になりました。といった方とは違うんだろうなぁと思ったりしましたね。。。

 

・・・・と、モデルやアイドルから女優さんになった方からお叱りを受けそうですけど、そういった方は運もあるんだろうなぁと思ったりするんです。。。

 

女優を目指して努力して掴んだ人と、努力をそんなにしなくても、そういう道が自然に出来上がるっていう人の違いは、正直あると思うんです。(あると思います!)

 

まぁ、運も実力のうち。って言いますから、そこから実力を発揮していくんでしょうね。

 

Sponsored Link

 

黒木華の過去作品から見る演技力は?

 

黒木華の過去作品から見る演技の力は

画像引用元:http://top.tsite.jp/entertainment/cinema/i/25464854/

 

黒木華さんといえば、映画『小さいおうち』で第64回ベルリン国際映画祭最優秀女優賞(銀熊賞)を受賞された印象が強いですね。。。

 

この映画での黒木華さんの演技は、主演の松たか子さんを見つめる目つきや、表情が、観客を惹きつける演技だったと言われ、高評価でした。

 

言葉じゃなく、表情や仕草だけで全てを表現する力がスゴイと言われていましたよね。

第38回日本アカデミー賞でも同作で、最優秀助演女優賞も受賞しましたし、映画『小さいおうち』での黒木華さんの演技は、やはり素晴らしかったんだなぁと思いました。

 

それから黒木華さんは2年連続で、映画『母と暮せば』でも最優秀助演女優賞を受賞されていますよね。

 

2年連続で同賞を受賞したのは、余貴美子さん以来、史上2人目の快挙だそうです。

 

なんかね~、よくネットでも黒木華さんについて書かれている事って、『気付けば名女優のイメージ』っていう様な事が書かれているなぁと思います。

 

私もそれに洩れず同じ印象で、『いつの間にか黒木華って名前を知ってたけど、すでに賞とか獲ってて、すごい女優さんなのかな?』ってイメージです。

 

なんだかすごいなぁと思いますね。

名前を知ったと同時にすでに名女優というイメージがつくなんて・・・・

 

黒木華さんは、高校生の頃からかなり演技の練習はしていた様ですので、それなりに実力がついていたんでしょうね。

 

だから、そういう印象になる人が多いんだろうなぁと思ったりします。

まだ黒木華さんは26歳ですから、大女優の道を着々と歩んでいくんだろうなぁと思いますね。

 

映画【海賊とよばれた男】キャスト一覧

 

sponsored link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ